ボクは胃腸が弱々しい。どれぐらい弱いかというといちど高校の間遅刻する不安があったので、駅舎のスタートであてしまったくらい弱々しい。

こちらはおなかがしょうもない。どれぐらいしょうもないかというといちどハイスクールの辺り遅刻するリスクがあったので、ターミナルの窓口であてしまったくらいしょうもない。ほんと当時の駅員氏ゴメン。ゆるして下さい。でもあのときの餓鬼もこうやってりっぱになってキーボードをたたいていらっしゃる。でも飲料を飲み込むのを終わりたら心持ちかましになった。ほんとうに飲料は人体によくない。アレルギー体質で花粉のピークはおそろしい花粉症だったが今年はなんともなかった。やはりサッカリドがどうのとかあるのかな?というかもう春ですな。以前は春になるとそれだけでわくわくしたものだが、最近はそういうことが弱い。これではいけない。速く結果を出して任意を手に入れる。失った機会を奪い返すのだ。今は我慢の機会です。ただ打ちひしがれているのはきついものだが、件に向かって必死に書き込む時は不思議と充実しているものだ。後から思い出してみても良し備忘録だったと言える。もう一度達成するタイミングがきたのだ。ここで発展を掴むことはもはや確実なのだから。これは年季が証明しているのだ。http://www.quebecenavant.net/