私は腹部が弱々しい。どれぐらいか弱いかというといちど高校の内遅刻する予報があったので、ターミナルのターゲットであてしまったくらいもろい。

わたしは腹が弱々しい。どれぐらいか弱いかというといちどハイスクールの時分遅刻する予想があったので、駅舎の最前であてしまったくらいしょうもない。ほんと当時の駅員君ごめんなさい。ゆるして下さい。でもあのときの餓鬼もこうやってりっぱになってキーボードをたたいています。でも飲み物を呑むのを閉めたらなかばか賢明になった。ほんとうに飲み物はボディーに酷い。アレルギー因習で花粉の瞬間は凄まじい花粉症だったが今年はなんともなかった。やはり糖分がどうのとかあるのかな?というかもう春ですな。以前は春になるとそれだけでわくわくしたものだが、最近はそういうことが弱い。これではいけない。速く結果を出して権利を手に入れる。失った内を取り返すのだ。今は辛抱の内です。ただ打ちひしがれているのは難しいものだが、考えに向かって必死に取り組む時は不思議と充実しているものだ。後から思い出してみても良い物覚えだったと言える。もう一度達成する状態がきたのだ。ここで制覇を掴むことはもはや確実なのだから。これは職歴が証明しているのだ。http://www.itair.info/