賭け事と同じ

ピーチ姫とおまつさん > 企画 > 賭け事と同じ

賭け事と同じ

外為取引初心者の方がマーケットの重要なところを理解するには第一に取引経験を積み上げていく事が大事です。

 

とりわけ、未然にピンチを避けれるようになるようになるには、ポカを繰り返す事も経験のひとつです。

 

言うまでも無く、間違いをするといっても持ち直せないほど致命的なミスをする事は出来ません。

 

ちょっとした損を数度実践する事が、結果的に自分の経験を増やしてくれる。

 

こう考えると最初は小さな額でトレードを行ない、それによっていくつか小さな負けを経験することが必要です。

 

一例として、100万円だけしか投資する余裕が無い人がいきなり全額投入してエントリーすると、負けた時、永久に立ち直れなくなってしまう可能性があります。

 

そうであるならば、一例として資金の10分の1ずつトレードを行ない、それでエントリーを経験した方がじょじょに間違いを対応する手段なども覚えるはずです。

 

はじめに少ない額で売り買いする事のメリットは、先に書いたように己の経験値を高め、マイナスを減らす手段を身につけることにあるが、それと一緒に、エントリーの回数を繰り返す事で、不確実性を削減できるという良い点もあります。

 

例として、1度の売り買いで利益を上げられる可能性が50%だと考えます。

 

同じ条件で損失を生む危険性もあります。

 

勝率50%ということは五分五分の確率で利益が上げられる事を意味している。

 

だが、全ての投資資金を投資して1回こっきりのエントリーをするということははっきりとした勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

 

これは単なる賭け事と同じです。

 

要するに、全ての資金を投入して1回こっきりの売買しないと、その分だけマイナスになる可能性が高まります。

 

これを回避するために、資金を1回にすべて投入するのではなく、いくつかに分けて投資回数を多くすることがリスクコントロールとなります。

 

だからといって少しずつ分けたとしてもすべての取引でプラスにする必要はない。

 

というか、全て勝つことは出来ないのが現実だ。

 

不可欠なのは、勝つ確率ではなく、どれだけ稼ぐかです。

 

勝率が同じでも勝率が低くても利益を出す事は出来ます。

 

負ける確率が高くても損失が少額ならば、3割の勝利の儲けでかなり利益を上げる事が出来ます。

 

そのために大切な事は損を小さく、利益を大きくを忘れない事です。

 

損が出たら間髪を入れず損失を確定して、勝った時は出来るだけ大きく利益を出す事が、外為の経験の浅い方がFX取引で儲ける極意といえる。

 



関連記事

  1. 賭け事と同じ
  2. テスト