休むも相場

休むも相場

実際にコンピュータのディスプレイの前に座って、止まることなく上下している相場を見ていると売買をするという抑えようの無い感情に突き動かされる場合も多いと思います。

 

だが、ぼんやりした思いで取引することは間違ってもしてはいけませんご覧の通り、為替相場は24時間、常時いずれかの国の為替相場は変動しているし、為替レートも常時変動している。

 

しかし、闇雲に売り買いを繰り返しているとその分だけマイナスになる危険が高まってしまう。

 

当然の事ながら、注文の数を増やすことによって、トータルで儲けられる確率か五分五分になっていくのは事実です。

 

けれどもそれは「なんだか分からない思いつきでトレード」することとは話が異なります。

 

取引回数を積み重ねるというのは「ここがチャンス」と直感した感覚を持った場面での売買回数を重ねるという事を言っています。

 

ただ、エントリーを重ねるのとは異なります。

 

マーケットの勝負に敗北しないためには、白分で深く考えてけじめをつけることこそが大事です。

 

「ここだ!」と考えた外国為替相場の時には迷わず所持ポジションを積み増して儲けを追い求めます。

 

「分からない外国為替相場で、どう変化するのかわからないな」と思案した時は潔く保持ポジションをひとつ残らず閉じて何もしません。

 

それぐらいのテンポでやった方が、最後には売り買いはうまくいくものだ。

 

マーケットの格言には「休むも相場」というものがあります。

 

まったくその通りだと思います。

 

取引とはいつもポジションを所有する事が大事ではなく、どのポジションも所持せずじっとしていることも場面によっては、相場です。

 

そうであるならば、どの場面で休みどきなのでしょうか。

 

ひとつは、前述の通り、最近の為替相場が曖昧でよく見えない時。

 

今から高くなるのか安くなるのか見通せない時は何も考えず行動すると、自分自身の作った筋書きとは逆方向に外国為替相場が変動してしまい損してしまいます。

 

そのため、そのような状況ではポジションを無くして、そのまま何もしないで様子を見ているのが最良の方法です。

 

ふたつめは、自分の体の調子が変なときです。

 

体調と外国為替相場につながりがない思う方もいるでしょうが現実には意外と関係あります。

 

体の具合が思わしくなければ、マーケットの肝心な状況で冷静な決断ができない。

 

興味がわかない時は相場から距離を置くことも必要な事です。



関連記事

  1. きれいだなと思う人の条件とは
  2. 休むも相場
  3. テスト